マニュエラ-ヴィニョーリ-プリンチピはウィーンで生まれました。

彼女の名前から見て取ることができるように、彼女はイタリア人のルーツを持っています。

彼女は幼い頃から創作を始め、プロの芸術家として30年以上活動しています。

また、幼少期から独創的な方法による自己表現の必要性を感じ、それが彼女をアーティストの道へと導くことになりました。

彼女は多彩な教師から様々な教育を受けました。

一例として、Svoboda教授から水彩画、Rene Maria von Othegravenから油絵、そしてGeorg Gheorghe博士からルネッサンスとバロックの時代の絵画の技法のレッスンを受けています

その作品は、特にアクリル技術や抽象的技法等、多彩なテクニックを適用することによって制作されています。

また、彼女の作品中には、スクレーパー本物の砂浜から採取した砂を利用するといった混合技術を用いて完成されたものもあります。

マニュエラのテーマは、常にバリエーションに富んでいおり、中でもRelationship, Seyshells(風景)、そしてSkylineは注目すべきテーマの例です。

 

そして、現在錯覚式や装飾的な絵画に取り組んでいます。

2012年にGallery Steinerは彼女を紹介し、同年5月にその作品を展示しました。

Manuela Vignoli-Principi

ウィーン在住、芸術活動を続けています。